育児

【1歳~2歳子育て便利グッズ】子供用の学習机としてコロコロチェア&デスクを購入した

この度、我が子の2歳誕生日プレゼントとして、小さい子供でも使える机と椅子を購入しました。
購入時期や着眼点、検討したポイント等をまとめました。

購入時期

我が子の2歳の誕生日プレゼントとして購入しました。
購入時期は目的により迷うところですが、我が子は2歳が近づいた最近、絵本を読んだりパズルをしたりお絵描きをしたりということをよくするようになり、これをきっかけに机に向かう習慣を少しずつつけていければ・・・と思い、この時期としました。

使用のイメージと将来性

幼い頃は子供部屋に机と椅子をおいて、というより、親の目に届くところで一緒にリビング学習、というのがメインとなると思います。リビングテーブルやちゃぶ台、ミニチェアなどを既にお持ちの方であれば、幼児期はこちらで過ごし、例えば小学校入学を機に大きな学習机を子供部屋に、というのが適切なのかもしれませんが、我が家にはこういった環境がなく、大人用のダイニングテーブルのみしかありません。しかし最近の子供の遊び傾向から、2歳の時期から環境を整えて机を使わせたいと考えてしまったので、我が家ではいずれ小学生以上になったら大きな勉強机にステップアップ可能性は許容しました。

選定にあたり考慮したポイント

一番のネックは家の狭さでした。
我が家は1LDKのとっても狭いおうちなので、壁に沿わせる形態の机と椅子というのが置きづらいと思われました(ゆくゆくは広いおうちへ住み替えの可能性もありますが)。
また、もう少し子供が大きくなりサイズが合わなくなれば使わなくなってしまう可能性があります。その際に簡単に処分できる、もしくは引き続き(別の用途でもいいので)使用できるものという点を一番に考慮しました。
また、高さや安全性、耐久性なども考慮ポイントとしました。

購入したもの

HOPPLのコロコロチェア&デスクという商品にしました!デスク+チェア2つのセット商品を選択。

幼児期は学習机(もう一つの椅子で親が机をのぞき込むようなスタイルもできる)やベンチとして使用でき、ゆくゆくはリビングテーブル本棚としても使えるようです。凄い!
角も丸くて安全そう。
公式サイトでも紹介されている使用例がいずれも素敵すぎて、一目ぼれしてしまいました。
色も3色あり、インテリアの色にあわせて選べそうです。

公式サイトより引用↓ 以下とのこと。
「コロコロチェア&デスクはキッズデザイン賞を受賞した作品で成長に合わせて学習机、テーブル、ベンチなどスタイルを自由に組み替えることが出来ます。また安全面にも配慮して角はすべて丸く削り、厚生労働省の指針などをもとに測定を実施し、ホルムアルデヒド放散量が極めて少ない最高基準の検査結果を得ていますので安心してお使いいただけます。」

他の候補品と比べるとちょっとお値段が高くなりますが、将来も使えることを考えると許容範囲かと思いました。
メーカー発送待ちとのことで3ヵ月程度時間を要するとのことで、待っている間にマット買って片付けや配置検討しよう!なんて思っていましたが、結局1ヵ月以内で届きました。ありがたい(片付け間に合わなかったorz)。

ふるさと納税の返礼品としても取り扱われているようです。

使ってみて

金具などは使われておらず、すべて木でできています。木のいい香りがぷーん。とっても丈夫そうで素敵です。
保育園から帰ってくると出現していた机と椅子を見た我が子は「わぁ~~!」と喜んでいました。こうやって使うんだよ~と早速私が二つのチェアのうちの一つに座り、もう一つの椅子を引いてあげて、机に絵本とお絵描きセットを広げてあげると嬉しそうに腰かけていました。「いいな~○○ちゃんの机と椅子だね~」というと「いいないいな」と真似してニコニコしています。
小学校低学年までここで沢山お勉強しようね☆

その他候補

我が家では購入しませんでしたが、以下のようなタイプも検討しました。

・いわゆる幼児用の机と椅子のセット

自分で持ち運びしやすい椅子、クッション性があり座りやすいもの、なども良いなと思った点です。同様の商品が様々ありますが、値段も手の届く範囲ですし、非常に迷いました。
我が家では家の広さの観点から壁に向かって配置することが難しく、あきらめた形態です。また、将来も長く使い続けたいと考えると、幼児サイズでは中途半端になってしまう可能性も感じました。

・簡単に捨てられるタイプ


様々な商品を調べていて、紙製というものがあるのかと驚かされました。
なるほどこれなら捨てるときもバラバラにしやすいですし、粗大ごみにもなりませんよね。
ただ、子供はきっと自分の持ち物に愛着を持つだろうし、そうなると捨てるのを渋ってしまいそう・・・となると、結局、小学生くらいになってから買う学習机と並んで狭い我が家で幅を利かせるという絵が思い浮かび、却下としました。

子供の家具を選ぶのはとっても難しいですよね。
我が家での事例が、迷われている方に少しでも参考になれば幸いです。