ぬりえ

【ぬりえ図鑑】恐竜 ~無料ぬりえで楽しく子供の興味をのばす~

どんなことに興味・関心をもつかまだ不明な我が子。
そこで図鑑を買って読んでみたら、面白い。子供には是非ハマってほしいけど、自分が小さい時って本を読むのが苦手だった記憶が・・・
そこで、図鑑にハマるきっかけの一つとして、ぬりえを作ってみました
今回は、「恐竜」
せっかくなので、世のお母さん、お父さん、幼稚園の先生などに利用していただけたらと思いこのページを作りました。

【使い方】

下にそれぞれの「恐竜のぬりえデータ」のリンクを貼ったのでクリックしていただき、データを開けたら必要枚数を印刷して、お子様に塗ってもらってください。A4サイズになっております。
同じものを何枚も印刷できるので、一緒に塗り絵をすることも可能です。
※イメージとして画像を掲載しておりますが、サイズは小さいですので、印刷はイメージ画像の下のボタンをクリックしてから行うことをオススメします。

【ぬりえデータのリンク】

ブラキオサウルスのぬりえ

<名前の意味:腕のトカゲ>
竜盤類、竜脚形類
科名:ブラキオサウルス科
全長:約26m
生きていた時代:ジュラ紀後期
化石の見つかった場所:アメリカ
長い首をもっており、他の恐竜が届かなかったような、背の高い植物の葉を食べることができたと考えられています。前あしが後ろあしよりも長いのが特徴です。


A4サイズの「ブラキオサウルスぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

スピノサウルスのぬりえ

<名前の意味:背骨トカゲ>
竜盤類、獣脚類
科名:スピノサウルス科
全長:約16m
生きていた時代:白亜紀前期~後期
化石の見つかった場所:エジプト、モロッコ
胴の背中が上に長くのびていることが、名前の由来です。
陸上と水中の両方で生活していたと言われています。
あしには、アヒルのような水かきがあり、水中を移動するのに役立ったようです。

A4サイズの「スピノサウルスぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

アロサウルスのぬりえ

<名前の意味:(背骨が)かわったトカゲ>
竜盤類、獣脚類
科名:アロサウルス科
全長:約12m
生きていた時代:ジュラ紀後期
化石の見つかった場所:アメリカ、ポルトガル
目の上にある角のような出っぱりが特徴。
当時、陸上で最も強い肉食動物で、大型のえものをなかまで待ち伏せして、おそったという説もあります。

A4サイズの「アロサウルスぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

ティラノサウルスのぬりえ

<名前の意味:暴君トカゲ>
竜盤類、獣脚類
科名:ティラノサウルス科
全長:約12.5m
生きていた時代:白亜紀後期
化石の見つかった場所:カナダ、アメリカ
ギザギザがついた分厚い歯で、えものを骨までかみくだくことができたと考えられています。また、前足は小さく、親指と人差し指の2本だけです。


A4サイズの「ティラノサウルスぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

ギガントラプトルのぬりえ

<名前の意味:巨大などろぼう>
竜盤類、獣脚類
科名:オビラプトル科
全長:約8.5m
生きていた時代:白亜紀後期
化石の見つかった場所:中国
オビラプトルのなかまの中で、とびぬけて大きい。


A4サイズの「ギガントラプトルぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

ベロキラプトル(ヴェロキラプトル)のぬりえ

<名前の意味:速いどろぼう>
竜盤類、獣脚類
科名:ドロマエサウルス科
全長:約1.8m
生きていた時代:白亜紀後期
化石の見つかった場所:中国、モンゴル
後ろあしの人指し指に大きなかぎづめがあります。
恐竜を題材にした映画「ジュラシック・パーク」で有名になりました。

A4サイズの「ベロキラプトルぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

トロオドンのぬりえ

<名前の意味:きずつける歯>
竜盤類、獣脚類
科名:トロオドン科
全長:約2.4m
生きていた時代:白亜紀後期
化石の見つかった場所:カナダ、アメリカ
トロオドンのなかまはドロマエオサウルスのなかまと並んで、鳥類に最も近いグループ。
目が大きいことから、夜でも物が見えたかもしれないと言われています。
後ろあしの人指し指のかぎづめは、ネコのように引っ込めることができます。


A4サイズの「トロオドンぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

イグアノドンのぬりえ

<名前の意味:イグアナの歯>
鳥盤類、鳥脚類
科名:イグアノドン科
全長:約10m
生きていた時代:白亜紀前期
化石の見つかった場所:ベルギー、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、ポルトガル、アメリカ、モンゴル
世界で2番目に名前がつけられた恐竜。
親指のスパイクは、武器や植物を食べるための道具ではないかと考えられていますが、まだわかっていません。

ちなみに世界で最初に化石が発見されたのはイグアノドンですが、名前がつけられたのはメガロサウルスのほうが先です。


A4サイズの「イグアノドンぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

ステゴサウルスのぬりえ

<名前の意味:おおいをしたトカゲ>
鳥盤類、装盾類
科名:ステゴサウルス科
全長:約9m
生きていた時代:ジュラ紀後期
化石の見つかった場所:アメリカ、ポルトガル
背中の板は、板にはりめぐらされた血管に血を送りこむことで、赤色に変えることができたと言われております。
敵をおどろかしたり、仲間に見せびらかしたりしていたと考えられています。体温調整にも役立ったようです。


A4サイズの「ステゴサウルスぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

アンキロサウルスのぬりえ

<名前の意味:融合したトカゲ>
鳥盤類、装盾類
科名:アンキロサウルス科
全長:約7m
生きていた時代:白亜紀後期
化石の見つかった場所:アメリカ、カナダ
三角形の角や尾の先に骨のこぶを持っているのが特徴です。


A4サイズの「アンキロサウルスぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

パキケファロサウルスのぬりえ

<名前の意味:厚い頭のトカゲ>
鳥盤類、周飾頭類
科名:パキケファロサウルス科
全長:約4.5m
生きていた時代:白亜紀後期
化石の見つかった場所:アメリカ
頭の骨のてっぺんが高く盛り上がっていることが特徴です。頭のまわりにはとげのかざりがあります。


A4サイズの「パキケファロサウルスぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

トリケラトプスのぬりえ

<名前の意味:3本の角のある顔>
鳥盤類、周飾頭類
科名:ケラトプス科
全長:約9m
生きていた時代:白亜紀後期
化石の見つかった場所:アメリカ、カナダ
目の上の角は約1mもあり、鼻の上の角よりもずっと大きいです。
他のケトラトプス科のなかまと違って、えりかざりの骨に穴があいていないです。


A4サイズの「トリケラトプスぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

ここから下は恐竜とともに同じ時代を過ごした恐竜とは違う生き物です!

プテラノドンのぬりえ

<名前の意味:歯のないつばさ>
恐竜以外の生き物、翼竜
科名:プテロダクティルス類
全長:約6m
生きていた時代:白亜紀後期
化石の見つかった場所:アメリカ
4本目の指の骨が長くのびていて膜をささえています。歯はありません。

図鑑を読んで初めて知ったのですが、プテラノドンは恐竜ではないようです。
ちなみに恐竜の定義は「直立歩行(脚が関節で曲がらず直立になってる状態)をする爬虫類」です。
参考:化石販売の化石7


A4サイズの「プテラノドンぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

モササウルスのぬりえ

<名前の意味:ムーズ(フランス北東部の川)のトカゲ>
恐竜以外の生き物
科名:モササウルス類
全長:約18m?
生きていた時代:白亜紀後期
化石の見つかった場所:イギリス、オランダ、ベルギー、アメリカ
モササウルス類の中では最大。ほかの仲間よりも、体のつくりが頑丈だったと言われています。

A4サイズの「モササウルスぬりえデータ」を開くなら
ココをクリック

【参考にした図鑑】

塗り絵でお子様の興味が深まれば、知識を深めてあげたいと思われる方もおられるかもしれないと思ったため、今回参考にした図鑑を紹介させていただきます。
今回参考にした図鑑は「小学館の図鑑 NEO 恐竜」になります。
数多くの恐竜のイラストが掲載されており、特徴がまとめられていて大人が読んでもおもしろかったです。